分類コンクリート


分類コンクリート

場所によって:
•コンクリート従来、土木工業と農業のためのために。 •コンクリートの道路のため、道路、空港、ハイドロダム、ロック、港湾、水路用コンクリート用•。 •特別な目的地とコンクリート用。

圧縮強度:
•コンクリートの下のクラスのためにC4/5(補強); •(武装)clasanormalaのコンクリート8/10、C12/15、C16/20、C20/25、/30 C25、C30/37。 •コンクリートの高強度(BIR)のために少なくともC50/60-at。

乾燥した28日後の硬化コンクリートの嵩密度:
•コンクリートの重いため、2500キロ/ mよりも大きい。 •具体的な構成のため、2201…2500キロ/ M。 •具体的な半重い2001…2200キロ/ mについて。 •コンクリート用軽量1001…2000キロ/ M。 •千キロ/ mの下のコンクリートの軽量のために。

強化後に:
鉄筋コンクリート用•。 •武装既製ミックス。

プレストレスの後に:
•コンクリートneprecomprimateため。 •コンクリートプレストレストため。

フレッシュコンクリートの主要な特性

Leave a comment

Your email address will not be published.

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.